この1ヶ月程、師匠の母上がカナダから帰国。そして本日戻られるということで、昼前に見送りに行った。特に気の利いたことが言えるわけでもなく、素敵なプレゼントができたわけでもなく、他愛もない雑談と荷物運び。またお会いできるといいんだがなぁ。実の孫みたいにしてくださるもので、純粋に少々寂しい。


そのあと、

こんなことがあったので掃除をし、じゃあもう先にその他家事も済ましておきましょうねと、魚の下処理したり酢で〆ておいたり、鍋を磨いたり等々していると15時半。疲れた休憩だと思いお茶を入れて一息ついたら16時。なんてこったい。