昨年より引っ越しをしよう車を手に入れようとブツブツ言っておりましたが、終日休める日がないこの時期になぜか縁に導かれ、毎朝日の出を楽しめる環境に身を置くことに。
この「毎朝日の出が楽しめる」というのは想像以上に有難いもので、長らくモグラのような暮らしをしていたことに起因する悪癖が、大した努力もなく改善され嬉し嬉し。


20数年落ちで手に入れた…というか家族になった自動車は、自動要素が感じられない代物で全て手動。三平くんと名付けられた。前の所有者は神戸市北区に住む農家のおじいさんとのこと。クラッチペダルの具合というか癖から、やはりかなり穏やかな方だったのであろうと想像しつつ、じわりじわりとその農家のおじいさんの癖が僕の体に染み込んでくる感覚がとても楽しい。少し苛々したり驚いたり、焦ったり怖かったり…あと疲れていたりすると、全てが運転の裏目に出る。そんなこんなで、運転操作という対話を通して指導されているような感覚で、なんだか有難い体験をしておりますなぁ。


坂道を下ると商店街があり、お店の人に「今日はなにがおすすめですかー?」「このサバはお刺身にできるよお兄ちゃん!」等々の会話から始まり、なんだかんだおまけしてもらったりしながら献立が決まっていく過程がまた楽しい。こちら売れてない街のギター弾きですが、小料理屋でも営んでいると思われているようで…不要な領収書を切られる始末。はやく顔なじみになりたいということで、今朝は犬を連れていくという作戦に出てみた。かわいいかわいいと大騒ぎだったので成功かな。そう、犬と一緒に買い物に行けるのも、昔ながらの商店街の利点ですな。


3/25(月)チキンジョージ、迫っておる。どうかどうかお力添えを皆々様。