このアレンジも好きだなぁ。


人の作品づくりに関わることが多くなってきた。一作品、昨日無事に納品されたようでホッとしたところで、次の大仕事をちょこちょこ進めている。そして来月は…友の作品づくりをお手伝いすることになりそうだ。いつもお世話になっているライブバーにもひとつ風が吹いてほしいものだと、いっちょ宣伝材料もつくった。僕はデザイナーではないので素人なんだが、本格的にちゃんとできるようにもなりたくなってきた。誰かに頼むにも金もないし…と、音源づくりに映像編集、Webサイトにデザイン等々闇雲に手を出してきたけれど、正直こうして仲間の役に立てるようになれ嬉しい。同時に自分のも…しっかり作りたくなってくるんだが、いざ!と意気込むとまた腰が重くなるんだろう。厄介だ。しかし、この一通りのことをそれなりにひとりでできるのは、強みとみるか器用貧乏とみるか。


学校では教えてくれない日本史の授業」も読み進めている。大変興味深くうきうきしておる。


今朝、10年ほど前に勤めていた会社でのできごとがそのまま夢に出てきた。そこそこの規模のIT系の会社で、色々あって倒産した。倒産直前に別会社をつくり転籍、夜逃げのような引越しを経て数ヶ月後に結局その会社も倒産。その頃、債権者の対応や移転に関わる交渉ごとなどを任され、命ぜられるまま…たくさん嘘をついて判子をもらったりもした。良心が痛む思いもあったが、会社のためだと割り切るとどんどん麻痺して何も感じなくなっていった。目が覚めてから当時のことをぼんやり思い浮かべていて気がついた。その時に犯した罪のツケを今払ってるなぁと。やっぱり悪いことはしないほうがいい。ここに因果があるのかどうかは知らないけれど。


生ギターではじめてライブをした。非常に楽しかった。ここで上述と関連してくるけれど、やはり長らく無感情だったんだなと腑に落ちた。